暴力を受けたり休日が取れない可能性も

介護職で働いていると多くの場合、障害となるのは理想と現実の違いでしょう。特に介護職ではそのギャップが大きかったり、想像していた以上に酷い場合がないとは言えません。介護をしているのに、その恩恵を受けている利用者から暴力を振るわれたという事もあります。また、休日に関しても、ろくに休めず、疲労が溜まるばかりという事もあるでしょう。

もちろんそういうことばかりではありません。最近は職場環境の改善に取り組んでいるところも多く、むしろそういうことは多くないと言えるでしょう。しかし完全になくなったわけではなく、そういうことが発生する場合があることも事実です。ではそのような場合にはどうしたら良いのでしょうか。

まず暴力を振るわれた場合。その場合、第一に考えるべきは信頼できる上司や同僚に相談してみるという事です。その利用者と相性の良い介護職と交替してもらうか、複数名で対応してもらうという事を考えてもらいましょう。介護の理想にこだわり続けるのではなく、無理をせず自分の身体を案じるのが重要になってきます。

休日に関しても、同様の事が言えます。介護職の休日を少なくし、要介護者のために働き続けなくてはいけないというのは幻想にすぎません。取るべきところで休日を確保しなければ、仕事に障ります。上司や同僚に相談して休みを確保するように努めましょう。

もしも、相談しても冷たい対応を取られるのなら、転職することも考えた方が良いでしょう。一人で頑張っていたとしても限界は必ず来ます。理想と現実の差を考えて、努力で何とかできる範囲であれば良いのですが、多くの場合はただ体調を崩してしまう事につながります。そうなる前に、他の職場で理想に近づけるように努力した方が無難です。こちらの関連サイトに理想に近づけるコツが紹介されているので、参考にしてみてください。

More Posts

  • 2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

    • タグ

      サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。

    • 最近のコメント

      表示できるコメントはありません。
    • メタ情報