賃金が安いというギャップと対策

高齢化が進む日本社会で期待されているのが、高齢者や体に障害を持つ人に介護サービスを提供する介護職です。今後も介護サービスへの需要が伸びることが予想されており、介護職の将来性や安定性、成長性に期待が寄せられています。しかし実際に介護職として働いてみることで、その理想と現実のギャップを感じる人も少なくありません。その中でも代表的な物が、賃金の安さです。

介護職は過酷な仕事内容が多い割には、ほかの業種に比べて賃金が安いと感じる人も少なくありません。介護職の賃金が安い原因の一つは、無資格・未経験からでも働き始められることです。介護業界では安定した労働力確保のため、採用基準を甘めに設定している場合があります。その様な場合、どうしても最初の内は低賃金でのスタートになってしまうこともあるのです。

しかし、介護職としてキャリアアップをすることで、賃金アップの可能性は十分にあります。介護職としてキャリアアップをするには、介護資格の取得が必須です。介護資格には初歩的なものから取得難易度が高いものまでいくつかの種類がありますが、しっかりと現場経験を積み試験に合格することで誰でも平等に資格取得を目指すことができます。介護資格を取得すれば、資格手当や役職手当などが付与され、基本給が上がる可能性も高くなるでしょう。

また、介護資格の有資格者は転職の際にも重宝されることが多く、無資格・未経験者と比べるとスタートの賃金も高くなります。働き始めの頃の介護職の賃金は安く感じるかもしれませんが、キャリアを積むことで自身の理想に近づくこともできるでしょう。

More Posts

  • 2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

    • タグ

      サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。

    • 最近のコメント

      表示できるコメントはありません。
    • メタ情報